top of page

"They are ethnically Japanese, speak Japanese, follow the similar religious and cultural practices as other Japanese, and thereby ought not to be considered a separate ethnic group. The question that invariably follows, then, is this: How do people know who is or is not burakumin."

「彼らは民族的に日本人であり、日本語を話し、他の日本人と同じような宗教的・文化的慣習に従っている。

そこで必ず出てくる疑問がある:

誰が被差別部落民なのか、あるいはそうでないのか、人々はどうやって見分けるのだろうか?」

 - Christopher Bondy(ボンディー・クリストファー)

Voice, Silence, Self: Negotiations of Buraku Identity in Contemporary Japan (2015:15)により

部落とは
何ですか?

部落とは「村」や「集落」を意味し、誰かの住まいを指す一般的な言葉です。
しかし、部落問題は「特殊・特種部落」と呼ばれる場所に基づいています。特殊・特種部落は、「普通」の部落との「違い」を強調する言葉です。そして、「特殊・特種部落」という言葉が持つネガティブなニュアンスを取り除き、「部落」「被差別部落」という呼称に変更されました。

現在では、その場所を「部落」または「被差別部落」と呼んでいます。

注意!


「特殊・特種部落」という言葉は蔑称であり、歴史的のみ

使われるべきです。

部落民とは誰ですか?

部落民とは、

  • 江戸時代の封建身分制度によって作られたアウトカースト集団の末裔

  • 肉屋などの「穢れ」職業に従事する者

  • 被差別部落に住んでいる者


部落とは、えた・ひにん等のアウトカーストの末裔を指すことが多いが、部落に住んでいた人々や現在も住んでいる人々も含んでいます。被差別部落と同じように、「部落民」とも「被差別部落民」とも呼びます。

「穢れ」の説明は

こちらへ

言及した3つの文献は一般的に使われていたもので、現在では廃れています。ここではそれについて述べています。

部落民はどこにいますか?
どれほどいますか?

誰かが部落民だと教えない限り、誰にもわかりません。

このことが、部落という言葉が持つ差別やスティグマと相まって、部落民の自由を制限しています。さらに、多くの人は、自分が部落民の子孫であること、かつてのアウトカーストグループであることに

気づいていません。

こうしたことから、現在日本にいる部落民の数ははっきりしないが、150万人から300万人と推定されている。

部落は沖縄と北海道を除く全国にあり、そのほとんどは西日本にあります。

部落問題とは何ですか?

部落問題とは、被差別部落民が受けている差別のことです。

被差別部落のスティグマは、職業や結婚の機会を奪います。

歴史的な問題として語られることが多いが、

現在の日本にも存在します。

bottom of page